小栗栖ゆかり のオフィシャルブログ
(みんなで“小栗栖ゆかり”を応援しよう)
小栗栖ゆかり オフィシャルサイトもチェック!

2012年12月06日

これが♪小栗栖ゆかり♪だぁ〜Part9

お待たせ致しました〜お助け猫(マネージャー)が語る猫

『これが♪小栗栖ゆかり♪だぁ〜』わーい(嬉しい顔)シリーズでやんすぴかぴか(新しい)

小栗栖ゆかりを語る上で、大事なことが一つありやしたひらめき
小栗栖ゆかりの信念(指針)でやんすexclamation

いつも、小栗栖は各世代に対し何かできれば(貢献)と、言う信念の基
活動しているでやんす。 かっこ付けてる訳ではないでやんすよグッド(上向き矢印)(笑)
これまでの小栗栖の活動(行動)が 、その証拠でやんすexclamation×2

まずは、子ども世代かわいい
ブログの“お知らせ”でもお伝えしました、地元の子ども育成支援グループ
おさるのかごや 』での活動は、正に子ども世代に対してでやんすが、
今では老人ホームなどにも活動が広がっているそうでやんすぴかぴか(新しい)

過去ログはこちら http://ogurisuyukari.seesaa.net/article/303098818.html

おさるのかごや 』に関しては、詳しく語ってないでやんすから、
少しだけ、説明を。

赤ずきんの物語などを人形劇等でアレンジして、子どもの防犯意識を
高める等の活動をしてるそうでやんす。
それが結構評判だそうで、いろんな所のグループが手本にしているとか目
これを考えたメンバーの方々は凄いでやんすねぴかぴか(新しい)exclamation
小栗栖は10年前位から携わっているんでやんすが、絵が上手いのでアート
下絵と劇中の声も担当してるでやんすかわいい
声優顔負けの、いろんな声を出しているので、子どもにもうけるでやんすね。

今回の、国からの表彰は、シンガーソングライターるんるんとしての小栗栖ゆかり
とっても、『 組織の大きさに関係なく、地道な活動が実を結ぶ 』と
言う意味で、大きな励ましになったでやんすわーい(嬉しい顔)

次に、青年世代。
これは、ブログでも何度も出て来ました、京都よさこいチーム『 楽実kyoto
での活動でやんす。
楽実kyoto 』 は、もう皆さんご存知だと思いますが、確実に存在も知られ、
若者世代に影響を与えているでやんすねぇ。

両者共、小栗栖の音楽活動に関係がないように感じますが、実はどちらも
を使っているんでやんす。

そしてひらめき大人の方々には…いやいや、どの世代に対してもでやんすが、
集大成として、ずっと続けてきた『 音楽るんるん 』を通して、何かを(貢献)
できればと、常に考えているんでやんすよexclamation

きっと、小栗栖は無鉄砲だった(笑)若い頃からあせあせ(飛び散る汗)、いろんな人に支えられ
影響を受けて今がありますから、今度は与えられる方になって貢献したいんで
やんすねぇぴかぴか(新しい)
まあ、そう言う年代になったとも言えるでやんすがねあせあせ(飛び散る汗)(笑)。

でも、お助け猫は思うでやんす猫
小栗栖世代になってこそ、本当の意味で行き方や人生そのものが、人に影響
を与えることができるとexclamation

小栗栖ゆかり の地道な活動は、少しずつでやんすが、実を結んでおりますぴかぴか(新しい)

地道に活動されている、老若男女のアーティストの皆さ〜んるんるん
諦めずに頑張って下さ〜いexclamation×2
この年代で(笑)、新たな気持ちで小栗栖も奮闘しております〜ダッシュ(走り出すさま)

地道な活動は、きっと実を結ぶでやんすから〜ぴかぴか(新しい)

posted by yukari at 02:29| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part8(小栗栖ゆかりの言葉)

お元気でやんすか? お助け猫(マネージャー)でやんす。猫

前回、アナログな 小栗栖ゆかり に「そろそろ、何か書いて下さいよ〜」と、訴えたら(笑)
文が届いたのでmail to、 小栗栖ゆかり の言葉で紹介するでやんすよぴかぴか(新しい)

曲作りに関しての内容でやんしたから。お馴染みタイトルの Part8 にしたでやんす。


私の曲はるんるん理論的にはコード進行も展開もサイズもおかしいらしいけど、

自分にはとても自然に感じてるかわいい。 

歌を唄うことは大好きだけど、とても難しいexclamation 

イメージしてたものが、崩れてしまうかもしれないから。

でも、自分のイメージは きっと狭い世界で、聞いて下さる人達のイメージは あらゆる方向にあって、

誰にも当てはまるルールは無いんだろうなexclamation&question 

動物達犬猫も きっと音楽に耳を傾けて何かを感じたりすると思うけど、私は人に生まれて歌を作れる。 

有り難いな。かわいい 嬉しいな。わーい(嬉しい顔) 

この事が、いつか誰かの役に立てるといいなexclamation なんてね。わーい(嬉しい顔)


アーティストな言葉でやんしたねexclamation
普段は関西弁なんでやんすが(笑)、内容はいつも語ってることでやんすから、飾ってないでやんすよ〜

これが るんるん小栗栖ゆかりるんるん でやんすexclamation×2




posted by yukari at 13:20| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜番外編

お馴染み、お助け猫(マネージャー)でやんす。猫
これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜シリーズは、終了したと思ったでやんすか?
残念でやんした〜(笑)。 小栗栖ゆかり の事は、そんなに簡単に語れないんです。
しかし、今回は少しタイトルを変えて、番外編にしてみました。

小栗栖を語るのに、一つ大事なことを忘れていたんですひらめき

実は、小栗栖は京都に長く住んでいますから、京都が大好きでやんす揺れるハート
2009年の後半位でやんすかねぇexclamation&question  京都の伏見に“楽実kyoto”と言う よさこいチームがあるのですが、
そのチームから歌い手を依頼されたんでやんすよ。

楽実kyoto”は地元を大事にして、地元の親子が一緒に踊って、地元や京都を
盛り上げようグッド(上向き矢印)と言うチームでやんすぴかぴか(新しい)

地元を大事にする小栗栖ですから、引き受けて 現在も続けて歌い手をしているでやんすよわーい(嬉しい顔)

小栗栖が歌い手ですから、よさこいとは思えない迫力でやんすダッシュ(走り出すさま)

YouTubeで、見るとわかるでやんすよ〜。
只、小栗栖は歌とMCでやんすから、姿があまり映っていないのですが、声量が凄いんですexclamation
今年の“ さくらよさこい(毎年京都で行われる催し) ”の時の映像では、シャウトしているでやんすよ〜(笑)。
踊りも、子供と大人が協力しあって、見応えあるチームです。
地元を大事にしてるチームで、宣伝はあまりしてないのですが、京都では人気でやんすぴかぴか(新しい)

ほぼ毎月、楽実kyotoは催しに呼ばれているので、見に行かれて下さい。
今月はもうないようですが、来月はあるみたいなので、近くになったらお知らせします。

また違った小栗栖ゆかりも見られるでやんすよグッド(上向き矢印)
☆スケジュールが合わない時は、小栗栖の声が入ったテープが流れるそうです。

お助け猫(マネージャー)でやんした。猫


posted by yukari at 14:09| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part7…byお助け猫

どうでやんすか? 小栗栖ゆかり のファンになったでやんすかぁ?猫
Part7まできやしたねぇ。 あんまり続くと神秘性がぁ〜あせあせ(飛び散る汗)って…そんながらじゃないですねぇ〜(笑)。

とにかく、小栗栖は男気溢れる(笑)アーティストでやんすexclamation
自分の目標が決まればぴかぴか(新しい)、それまでの過程の大変さは屁とも思わず、常に先を見ていやす。
むしろ、目標に到達するには、苦労があって当たり前で、大きい程に結果も大きいと思っているんでやんすねぇ。

自分がやれる努力を、全てするまで諦めないexclamation
でないと、後悔するから目標が決まれば、いつも必死でやんすダッシュ(走り出すさま)

音楽に関しては、プロを常に意識していた訳ではなく、小栗栖はそもそも自分の曲が大好きでるんるん揺れるハート、どんな形でも曲を作って歌えれば幸せでしたから、できない環境ならできるように必死で努力し、できる環境なら、プロ,アマにはこだわらなかったため、いくつかバンド活動もしていたのですが、子供が生まれてからは公に出ず、若い人のサポートや家でこっそり曲を作っては 「私って、天才ひらめき」 って、ほくそ笑みながらわーい(嬉しい顔)いたそうでやんす。

今回、心機一転 CDリリースをした理由は前にも Part4 で書いたのですが、
もう一つ大きいきっかけがあるです。

子どもがあることで落ち込んでいてふらふら、諦めかけてたことがあったそうです。
それを見て小栗栖は 何でもやりきる前に諦めるなexclamation 母ちゃんはいつも目標があったら限界まで努力して叶えて来たexclamation 最初はいつも無理やって周りにバカにされたけど、最後はバカにした人も みんな認めてくれた。 わかったexclamation 母ちゃんが頑張ったらできることを証明したる。母ちゃん、絶対作曲家になったるexclamation×2 って、宣言したでやんすよ〜ど根性、母ちゃんでやんすねぇー(笑)

そんなことや諸々あり、本当にデビューしぴかぴか(新しい)、念願の作曲家るんるんとしての第一歩であるJASRACに登録して、子どもに証明したんでやんすよ〜exclamation 

でやんすから、このデビューは母ちゃん(笑)の名誉もかかっておりやすあせあせ(飛び散る汗)exclamation
一度決意したことは限界まで努力するでやんすから、デビューしてからが勝負と、40代にして小栗栖の新たな奮闘記ダッシュ(走り出すさま)が始まりやした〜exclamation×2

そんな 小栗栖ゆかり の奮闘記を、これからは皆さんも一緒に、見守っていて下さいグッド(上向き矢印)
よろしく、お願い申します〜 m(_ _)m
お助け猫(マネジャー)でやんした猫

posted by yukari at 17:01| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part6…byお助け猫

おおぉ〜 Part6 まできたでやんすかぁ〜exclamation&question猫

Part5では、小栗栖 が “ハングリーな職人的アーティスト” って、言う意味を分かって頂けたと思いやすが、どうでやんしたかぁ? 
心臓にわるいでやんすから(笑)ゆるめに書きましたよ〜。

当時、職人の世界は厳しかったですから、そこで残った人達は 職人魂 が凄かったんでやんすねぇ〜exclamation
勢い良く入って来た男性でも、初日 午前中だけ働いて休憩に入ったら逃走した人もダッシュ(走り出すさま)いたそうですからがく〜(落胆した顔)、小栗栖 の根性は男性以上でやんすねぇ〜(笑)。

そんな、小栗栖 ですから、小栗栖 の を知ると目をかけてもらえることが多く、また それを良いと思わない人もいるでやんす(嫉妬でやんすかねぇ)。
小栗栖 が感謝してやまない人に、自分の責任を小栗栖の責任にして伝えた人がいたんでやんす。
感謝してる人から誤解を受け、嘘を伝えた人も居る前で 小栗栖 はきつい事を言われたんでやんす。
それでも、小栗栖 は誰のせいにもせず、言いつけるような事もせず、しかし 非はないため非は認めず、 「例え嘘でも、あの人が誤解をするのだから、誤解をさせた自分にも非がある。」 と、誤解させたことを誤ったんですexclamationexclamation

小栗栖曰く 「その場に居た張本人が、一番情けないはずや。 本当に賢い人なら何が本当か、それぞれの行動を見てれば いずれわかる。 見抜けなければ、その人の器もそれまでやし。」 もうやだ〜(悲しい顔)
人生の荒波を乗り越えて来た 小栗栖 ですから、そうやって 本当に信頼できる人を見極めてるのかも知れないでやんすねぇ (お助け猫猫の見解でやんすが) 。
いつも小栗栖は、小さいことには こだわらずに、人生を生きているでやんすよわーい(嬉しい顔)

お助け猫としては、こだわって欲しいところもあるんでやんすがねぇ〜(笑)。

そうそう、こだわらないと言えば、小栗栖が20代半ばまで活動をしていたバンドがあるんでやんすが、これが結構 当時は京都で有名なバンドでして、小栗栖はヴォーカルと作詞 作曲も担当していたんです。
しかし、曲はメロディラインるんるんだけでバックは他のメンバーがしていたと言うことで、作曲者に名前を出してなかったんでやんす。 メロディラインるんるんは作曲になるんですけどねぇ〜(笑)。

当時、大阪に住んで居た お助け猫の知り合いも、そのバンドのファンハートたち(複数ハート)でしたが、小栗栖 は作詞だけを担当してると思っていたんでやんすたらーっ(汗)

自分の曲を歌えたら満足な小栗栖は、大事なことにこだわらなかったでやんすねぇあせあせ(飛び散る汗)
ここは、こだわって欲しいところですけど…(笑)。

曲を作って世に出すことの大事さを知った今は、もちろん こだわっていますよ〜わーい(嬉しい顔)exclamation×2

前回、次回は音楽の話をと言いましたが、少しになってしまいやしたねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)
でも、小栗栖ゆかり の人生、生き様が 全て音楽に繋がるんです〜るんるん
お助け猫(マネージャー)でした〜猫
posted by yukari at 14:08| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part5…byお助け猫

3日振りでやんすねぇ〜猫
今日は、Part5 でやんす。
その前に、初コメント“ありがとうございましたexclamation” まめ さ〜ん。 
皆さんシャイなのか、アクセス数は増えているのに、反応が分からなかったでやんすが、嬉しいです〜黒ハート
小栗栖 は頑張りやすよ〜ぴかぴか(新しい)

いよいよ、これから 小栗栖 らしい奮闘記ダッシュ(走り出すさま)を語ります。 心構えは良いでやんすか〜(笑)?

小栗栖 は、根っからのアーティストでやんして、教えられることもなく小さい頃から、絵アートは毎年展覧会で入賞してました。 そのせいでやんすか、色彩に興味があって特に手染めの鮮やかさに惚れてたんですハートたち(複数ハート)
前にも言いましたが、20代は音楽をするために無我夢中で働いてやしたが、どうせやるなら好きなことをと、手染めの世界に飛び込んだんでやんす(相変わらず無謀でやんすねたらーっ(汗))。

まずは、着物の染めに頼み込みました。
着物の染めは美大生でないと難しいのですが、ここでも 小栗栖 の熱意が勝ったでやんす手(チョキ)
入ったのはいいのですが、職人の世界は世間が思うより厳しく、職人の前を横切るのも御法度で、たいへんだったようでやんす(濁してやんすよ〜)。
最終的に、服地の手染めの方に行きたかったものですから、3年修行し今度は服地の手染めに頭を下げに行ったでやんす。
しかし、服地の染めは当時、女はいらないって言う世界でやんしたから(今はオートで変わったと思いやすが)、業界一番の職人さんのしごきが、それは凄かったそうでやんすexclamationexclamation 
職人さんからすれば、男性でも一日で辞める世界ですから、女性には勤まらないと、それを早い段階で分からせるためのものだったんでやんすねぇ。
毎日、アホ ボケなどの(もっと凄い言葉もあったようでやんすが、心臓に悪いでやんすから〜たらーっ(汗))叱咤はもちろん、竹の棒で追いかけ叩かれたりダッシュ(走り出すさま)、教えてもらうことなど一切なく、いじめられに行ってたようなものでやんしたがく〜(落胆した顔)
また、二束三文の給料ですから、染めで働くために別のバイトをしてたんでやんすよ。 

ここで、普通は辞めますが、小栗栖 は違いやすよ〜exclamation 
一年もしごきに耐え、とうとう最終的には、一番取れない“紫色の染料”を頭からかけられ 「帰れ、二度と来るなー!」とがく〜(落胆した顔)
職人さんもこれで、さすがの 小栗栖 も諦めるだろうと思ったのが、小栗栖 は何と、寒い冬に職場の水道で頭を洗い、水では染料が取れないため一旦帰って銭湯に行き(お風呂がなかったでやんす〜あせあせ(飛び散る汗))丹念に取って、その足ですぐに職場に帰ったでやんす。
帰って来た 小栗栖 に 「帰って来たんかexclamation&question」 と、鬼の職人さんも驚いて根負けしたそうでやんすexclamation

次の日から、小栗栖は何と 一番弟子に格上げで、周りの男性弟子全ての上になったでやんすぴかぴか(新しい)

一旦 認めれば、職人さんは男気に溢れてますから、小栗栖 を娘のように可愛がってくれたんでやんす。
職場では変わらず厳しかったらしいでやんすがね(笑)。
一番弟子になってからは、給料も上がったので働くためのバイトは辞め、音楽活動にも余裕ができたでやんす。(30代前には、京都の手染めもオート化して辞めることになったですが。)

男気溢れる職人さんも、小栗栖をお嬢と呼んで、小栗栖 の歌るんるんを聴くのが好きだったようでやんすねぇ。

小栗栖の根性は肝が座ってますから、全部笑いながら当時のことを話すんです。
「手染めの色彩は凄い鮮やかで、ずーと見惚れてしまうねん。音も出てくるねん。 私、根性だけで鈍くさかったから、それを学ぶ前に、人格を全て否定されたけどなぁ〜あっはは〜でも、凄い男気ある大好きな(父親みたいに)職人さんやってんわーい(嬉しい顔)」って、言ってるでやんすよ(笑)。

小栗栖ゆかり の歌はるんるん、小栗栖のこんな人生奮闘記によって、深みを出しているんでやんすねぇ。
上手い人は星の数ほどいやすが、小栗栖の歌には深みがあるでやんす〜exclamation

おおぉ〜また、最後は褒めすぎになってしまった〜あせあせ(飛び散る汗)

今回、奮闘記で少し音楽から離れてましたが(小栗栖の人生は全て音楽に結び付くんです)、次回は、音楽話に戻りやすよるんるん〜お助け猫(マネージャー)でやんした猫


ラベル:奮闘記 染め職人
posted by yukari at 15:02| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part4…byお助け猫

今日も、お助け猫(マネージャー)の語りを聞いてもらうでやんすよ〜猫
前回は、小栗栖 の声が作るまでの奮闘記ダッシュ(走り出すさま)でやんしたねぇ。
これは、ほんの序の口でやんすよ〜小栗栖 のパワーは、こんなもんじゃないんですexclamation
続けて、パワフルな奮闘記だと心臓に悪いでやんすから(笑)次回にして、今日はちょっと緩めの話で、笑える? 話をしやす。

小栗栖は現在40代(どこかで年が出てるでやんすが、濁しておきやす(笑))でやんすが、こう見えても10代から各代毎にメジャーデビューをするチャンスぴかぴか(新しい)があったんでやんす。

一番最初は、CMソングの歌手に受かったのですが、仕事が入り次第連絡する体制のところ、連絡を取るための電話が 小栗栖 にはなかったんでやんすがく〜(落胆した顔)(固定電話電話もなかったんでやんす〜)。
連絡が取れないと、どうしようもないと言う事で話は流れたのですが、担当の人が 小栗栖 を気に入り、声をテープに入れて持って来るように言ったんでやんす。
そのテープを、当時有名な大手レコード会社の会議にかけられて、出席者全員が「この子は誰だ?おもしろい声をしてる。これは、いけるひらめき」と、絶賛だったそうでやんすが、女性と分かると(男性だと思ってたんですね(笑))、「女性では声に色気がない。女性ヴォーカルは色気がないとファンが付かない」って、盛り上がった場が一転したんだそうでやんす…たらーっ(汗)

当時の女性ヴォーカルは、男性ファンが付くかどうかが重要で、パワフルタイプの 小栗栖 には時代が早かったんでやんす。
小栗栖 は当時ハードロックバンドをしていたんで、今よりドスが利いていたんでやんすねぇ〜(笑)。
その時の担当者さんは、「いつでも遊びに来なさい。何かあったら声をかけるから。」と言われたそうでやんすが、遊びに行く余裕はなく、電話もなかった小栗栖ですから、それっきりになったでそうでやんす。

その時の担当者さん、小栗栖はデビューしやしたよ〜(当時は旧姓でしたが)exclamation

その後も、20代30代と名刺を渡されて、連絡下さいと言われたのに、欲のない小栗栖は連絡をしなかったでやんす。 と、言うより、自分の曲を自分で歌えるなら、どんな環境でも良かった訳で、それをするために必死で生きるのが精一杯だったんでやんすね。

そうそう。 もう一つ、小栗栖が知らないところで、ある有名なグループのヴォーカル決めに、小栗栖が最終審査の3人まで残ったのですが、最後に全然別の人が急遽なったって言う話も(笑)ありやしたね(業界ですから…)。

この年(笑)になって、心機一転 CDデビューCDをしたのには訳があるでやんす。
自分の曲が大好きな小栗栖が、その大事な自分の曲を勝手に使われていたことで、自身の管理責任を反省し、曲を作ることだけではなく、その曲を自身が責任を持って育てる大事さを実感したからでやんすexclamation
あっひらめき何かかっこ良すぎるでやんすかぁ〜exclamation&question
他にも様々なことが重なったんですが、これが一番の理由でやんすかねぇ。

この年で(何回も言うなと怒られそうですねぇ)、心機一転は凄い勇気がいるでやんすよ〜。
やっぱり、小栗栖は男気(笑)がありやすねぇexclamation×2

でも、このデビューで、実は若い人達にも勇気を与えてるですぴかぴか(新しい)
就職などに希望がなかった若い人が、小栗栖 の話を聞いて、希望の職種に挑戦して叶えたりと、知らない間に影響を与えてるんでやんすわーい(嬉しい顔)

おおぉ〜話が長くなってしまった。
次回は 小栗栖ゆかり の奮闘記を語らせて頂きやすよ〜exclamation
お楽しみでやんす〜猫



ラベル:CDリリース
posted by yukari at 15:59| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part3…byお助け猫

どうでやんすかぁ? 少しは、小栗栖ゆかり に興味が湧いてきやしたか?猫
これからが本番ですexclamation もっと好きになりやすよ〜揺れるハート

昨日は、声楽の先生も驚くほど努力して、声量と音域の広さをものにしたところまででやんしたねるんるん

小栗栖は、それを忘れず活かすために、更に毎日声を出せる場所に行っては声を出していやした。
お金がないもんですから、公園に毛布を敷いて腹筋をしながら声を出していたんでやんすよ。
以前の 小栗栖 と違って声量がありやすから、苦情が出たのか? ある時警察が来て注意されたんです。
それでも毎日声を出したいので、また公園に行ったら、警察と追いかけっこでやんすよがく〜(落胆した顔)〜(笑)。

次に河川敷で声を出してたら、その頃近辺で事件があったようで、変質者と間違えられて又、警察に追いかけられたりと、全く悪いことをしていないのに警察に何度も追いかけられた、小栗栖 なんでやんすたらーっ(汗)(笑)。

しかし、変質者に間違うなんて警察も失礼でやんす…確かに、小栗栖 は女性らしい色気と言うよりは、男勝りでやんすが、かわいいところもあるんでやんすよ〜ほめてない?たらーっ(汗)(笑)

脱線しやした〜。 そこで 小栗栖 は考えたんです。 声を出しても分からない場所…ひらめき人があまり通らない線路の下で、電車が通る度に声を出すことにしたんでやんす。
安定して声を出せるようになるまで、小栗栖の奮闘は続きやしたダッシュ(走り出すさま)

小栗栖は高い声も特徴がありやすが、何と言っても低い声がいいでやんすよ〜歌って欲しいと言われて、
美空ひばり悲しい酒を歌ったことがあったんですが、心が震えたでやんすよ〜揺れるハートそこにいる人みんなの、小栗栖を見る目が変わったんでやんすぴかぴか(新しい)

毎回そうですが、イベント等で 小栗栖 は新人ですから、歌う前は主催者側も挨拶をしても素っ気ない感じですが、歌った後は態度が180度変わるんでやんす。
座ったまま軽く挨拶をされていたのが、帰りには立たれての挨拶で、言葉も変わってるんですexclamation
実は、毎回その変わり様を 小栗栖 と、楽しんでいるところがあるんでやんすがね(笑)わーい(嬉しい顔)

ちょっと、褒めすぎでやんすかね? 次回からも、もっと 小栗栖ゆかり が分かる、エピソードを語らせて頂きやすexclamation 猫お助け猫(マネジャー)でした。


追伸 ブログ開始から一ヶ月も経っていませんが、お陰様でアクセス数も順調に伸びて(猫カウンターを付けた方が良いでやんすかねぇ?)、たくさんの方に見て頂けて嬉しいです。
ありがとうございますexclamation
良かったら、小栗栖ゆかり への応援コメントも、よろしくお願い致します。


ラベル:声量
posted by yukari at 15:22| Comment(2) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part2…byお助け猫

Part2でやんすよ〜猫
小栗栖の人生を語れば本にできるくらい、バラエティに飛んでいやすからねぇ〜全部を語れやしませんよ〜(笑)

小栗栖の最大の強さは、目的を持つと達成過程においての苦労は、全く屁とも思わないところでやんす。
そんなの当たり前と言うでしょうが、その突っ走り方は半端じゃないでやんすよ。

12才でヤカンが沸騰した音を聞いて作曲したのが始まりで、10代の後半からバンドをやってたんですがカラオケ、好きなことをするにはお金がかかると、昼夜問わず働いて腎臓壊して死にそうになったそうでやんす病院
入院するのもお金がいると、病院が止めるのも無視して、食事療法で治しやした。
この一本気な性格に友人も多く、みんなが一斉に協力してくれたようで(泣けるでやんすね〜もうやだ〜(悲しい顔))、この頃から小栗栖の、“人と本気で付き合う”生き様が生まれたんでやんすグッド(上向き矢印)

バンドを始めた頃は、声の幅が狭く歌うことが苦手だったそうで、音大を受験する人が通う声楽家の先生に、飛び込みでレッスンを依頼したそうでやんす。
しかし、あまりの幅の狭さに「耳が悪いのでは?」(耳が悪いなんて〜がく〜(落胆した顔)と落ち込んだそうな)と、一刀両断されやしたが(ようは断られたんでやんすね)「耳は悪くないです!自分でどこの音程を外しているかも分かります!」と食らい付き、先生も小栗栖の根気と必死さに負けたんでやんすねぇ。
原因を探って下さり「発音が悪く、のどが開かないため、一定の音を越えると声がひっしゃげるみたいになるから、気管を押し広げる筋肉をつける発生法を教えてあげます。 それに毎日どこか一つは防音室が空いているから、いつでも使っていいですよ。」と、寛大な言葉を頂いたんでやんす。
本気の小栗栖は一年間毎日通い、1オクターブしか出なかった声が、低い声から高い声までどんどん出るようになったんですわーい(嬉しい顔)
途中一回全く出なくなったそうですが、それでも息だけで毎日発声していたら、急に何倍もの声量になって出たそうで、「あの瞬間は、本当に感動したグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)」って、今でも言ってるでやんす。

何でも、基礎って大事なんでやんすねぇ〜猫

当時の先生、小栗栖は今でも感謝しておりますexclamation ありがとうございましたexclamation×2(当時は旧姓でしたが、こんな人を教えた先生へ)

声を出すのに大変な思いをしやしたから、小栗栖は人にヴォイストレーニングをするのも得意でやんす。
型外れなんですがねぇ〜。小栗栖と一緒に歌うと声が出るんでやんすよ〜不思議です〜るんるん

今日はこの辺にしておきます。 
次回は、ちょっとおもしろいエピソードも交え、語らして頂きやすよ〜猫お助け猫(マネージャー)でした。
posted by yukari at 14:54| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part1…byお助け猫(マネージャー)

どうでやんすか? このタイトルexclamation 
昨日のは序章と言うことで、今日からシリーズタイトル的にしやした(ちょと強引でやんすか?)。
猫今日は時間が遅いですから、早速 昨日の続きを語らせて頂きやすよ。
作曲について、もう少し。
小栗栖に曲が降りてくる(笑)時は、ボォーっとしてる時や気分の良い時が多いんでやんすが、出てくる時は一気に頭の中でメロディーが流れるそうでるんるん、寝る前だと、繰り返し覚えるのが先か眠気に負けて寝てしまうか眠い(睡眠)の戦いをしているんでやんすよ。

いろんな音に反応をするらしいんですが、この間は踏切の音に反応して、頭に流れた曲に自身で感動して、踏切が開いたことに気付かないでいやしたから、私が声をかけましたら「わぁーーexclamation曲がぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)」って…曲が飛んだみたいでやんすよあせあせ(飛び散る汗)
お助け猫も猫、びっくりしたでやんすexclamation 
そんな事は結構あるみたいで、全部を作品にできていると、すごい作曲家になってやすねぇ〜って、慰めあってる次第でして…(笑)。

小栗栖は、根っからの芸術肌と言いやすか、英才教育を受けてるようなアーティストタイプではなく、ハングリーな,職人肌のアーティストなんでやんすexclamation×2
自分の曲は大好きで、頭にメロディーが流れる度に「私って、天才ひらめき」って、心で言って感動してるでやんすぴかぴか(新しい)
そんな時の小栗栖は何とも良い顔でわーい(嬉しい顔)、ちょっと笑えるんでやんすよexclamation
子供が宝物を見つけたみたいとでも言いましょうかexclamation&question

その後が大変なんでやんすけどねぇたらーっ(汗)。 感動した後は、何度も復唱して覚えるんです。
自宅ならテープに残せるでやんすが、外だと大変ですexclamation アナログですから…(笑)

いずれ、7月21日にリリースしたCDのこともお話しやすが、作曲編はこの辺にして、次回は上にも書きやした、「ハングリーな職人肌的アーティスト」と言う訳を(かっこいいでやんすねぇ〜)語らせて頂きやす〜ぴかぴか(新しい)猫
ラベル:作曲
posted by yukari at 21:17| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

小栗栖ゆかり…byお助け猫(マネージャー)

猫今日も私、お助け猫(マネージャー)のおしゃべりを一つ。

「小栗栖は凄いよ〜」「小栗栖のCDるんるんSO LONELYるんるんは良いよ〜」って、いくら言っても何せ新人でやんすから、宣伝より まずは「小栗栖ゆかり」を知ってもらおうと思いやして、ここは一つ 私の下手なおしゃべりを聞いて下さいまし〜。

その前にひらめき私は一お助け猫(マネージャー)でやんすから猫、口が達者じゃないんで、何回かに分けて「小栗栖ゆかり」を語らせて頂きます。 
まあ、一言で言い表せないのが「小栗栖」なんでやんすがね。
全て読み終わった頃には、きっとファンになってるでやんすよ〜exclamation
その時は、9月22日に愛知のイベントで歌うでやんすから、会いに来てやって下さいよ〜わーい(嬉しい顔)
詳しい情報は、近くになったらお知らせ致しやす。

おっと、前置きが長くなりやしたあせあせ(飛び散る汗)exclamation
今日は一つだけ(じらすでやんすねぇ〜)。小栗栖は前回も書きやしたが、凄いアナログでやんすからパソコンを触れず、触ると電源が落ちるでやんすがく〜(落胆した顔)。何か体から発して雷いるんでやんすかねぇ(笑)。
今はパソコンを使って、曲作りをされてるアーティストの方々が多いと思いやすが(便利でやんすからねぇ)、小栗栖は全て頭の中で曲を作るんでやんするんるん
感性の固まりとでも申しましょうか、何かの日常にある ふとしたことがきっかけでひらめき頭の中にメロディが湧き出るそうでやんすぴかぴか(新しい)
しかも、湧き出たメロディはできあがった状態がほとんどで、後からじっくり考えて変えることは、ほとんどしないでやんすよ。
時々の感性で作るもんですから、曲がハードロックになったり、ポップスだったり、時には演歌のメロディと、ジャンルを問わず作れるでやんす。

おおぉ〜今日は時間がなくなってしまったでやんす〜あせあせ(飛び散る汗)exclamation
続きは、また明日にさせて頂きますよ〜猫
ラベル:作曲
posted by yukari at 16:22| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする