小栗栖ゆかり のオフィシャルブログ
(みんなで“小栗栖ゆかり”を応援しよう)
小栗栖ゆかり オフィシャルサイトもチェック!

2012年11月14日

SUPER ROCK '84 IN JAPAN

猫 小栗栖さ〜ん。聞いて下さいでやんすグッド(上向き矢印)
この間、神田の美味しいうどん屋でお昼を食べていやしたら
前に座った男性が隣の人に「 昔はパンテラを聞いて出勤してたんだよ〜 」って、
あの伝説のバンド名がぁ〜目どんな人かと思いきや、60才前後のどう見ても
会社の管理職をされてるような男性で、見た感じ、パンテラと言うバンド名が
出るとは想像も付かなかったので、びっくりしたんでやんす〜exclamation

わーい(嬉しい顔) その人が若い頃、ちょうどヘヴィーメタルがブームやったからなぁー

猫 ヘヴィーメタルと言えばお助け猫が思い出すのは、るんるんスーパーロック'84 イン ジャパン るんるん
でやんす。 あんなに豪華なバンド揺れるハートが勢揃いするのは、それ以来ないですから、
伝説のフェスと言っても過言じゃないでやんすよ〜ぴかぴか(新しい)

わーい(嬉しい顔)私も見に行ったよ〜exclamation大阪南港に当時のバンド仲間とるんるん

猫 えぇ〜exclamation&questionお助け猫も南港に言ったでやんすよグッド(上向き矢印)ホワイトスネイクのデヴィカバを見にハートたち(複数ハート)

わーい(嬉しい顔) 私も当時はホワイトスネイク好きやったよー揺れるハート

猫 じゃあ、会っていたかも知れないでやんすね〜exclamation&question

わーい(嬉しい顔) その時は前の方で、日本のメジャーになったバンドも結構来ててぴかぴか(新しい)、一緒に見てたわ〜るんるん

猫 そう言えば、スーパーロック84は“私も行ってた”って事が多かったでやんすからねぇ〜ぴかぴか(新しい)

わーい(嬉しい顔) で、みんな口を揃えて言うのが、あの時無名だったボン・ジョヴィが出てきた時は
衝撃やったーってぴかぴか(新しい)exclamation良かった〜黒ハート それに比べて、期待してたあるグループはチューニングも
合ってないわで、期待外れやったたらーっ(汗)のもあったけど、あれだけのバンドが集まるフェスは、
その後ないもんなぁ〜

猫 ボンジョヴィはあの時から、人気がうなぎ上りでやんしたからねぇグッド(上向き矢印)

猫 ホワイトスネイクコージーパウエルが入って豪華メンバーでやんしたねぇexclamation
お助け猫の一番好きな曲は初期の頃の“フール フォー ユア ラビング”なんでやんす

わーい(嬉しい顔) カヴァーデールが一番良い声の時やねぴかぴか(新しい)

猫そうでやんすexclamation×2声が渋かったでやんすよ〜黒ハート

猫 小栗栖さ〜んひらめきヘヴィーメタやハードロックるんるんも歌って下さいよ〜ぴかぴか(新しい)
曲もあるでやんすよねぇかわいいexclamation&question

わーい(嬉しい顔) 機会があったら歌いたいなぁ〜るんるん ハードロックは歌ってて楽しいからなぁexclamation
posted by yukari at 12:17| Comment(0) | 音楽談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

声(喉)の下積み

お助け猫(マネージャー)でやんす猫。 
秋はあっという間に過ぎそうですねぇ〜。

お助け猫  食欲の秋も終わりそうでやんすねぇ。

小栗栖  しかし、食欲が止まらない〜るんるん
     ☆メロディーにしながら、叫ぶ(笑)。

お助け猫  季節の巡り方を見ると、人生にも共通するところがあるでやんすね。

小栗栖 そやねグッド(上向き矢印)一つの季節でも異変があれば、次の季節にも影響ある。
     人生も一緒で、一つの事を成し遂げるには、それなりの積み重ねが大事やもんなぁ。

お助け猫  そうでやんすね。良く若い人の歌を聞いて、「この人いい声してるのに今の内に
      喉鍛えておかないと、長く歌えないよ〜もったいない」って、言っていやしたね。

小栗栖  若い時に作り上げた声は、年をとっても、しばらく歌ってなくても、
     必ず出るからなぁexclamation

お助け猫  そう言えばひらめき この間、久しぶりにるんるんボヘミアンるんるんで有名な方の歌声を聞いて、
      びっくりしたでやんすexclamation あのハスキーヴォイスの凄い声量が健在どころか、
      パワーアップされてやしたぴかぴか(新しい)exclamation×2
      昔ブレイクした人が最近出て来たら、ショックを受けることがありますが、
      良い意味でショック(感動)を受けたでやんすよ〜るんるん

小栗栖  あの方は、基礎をしっかりしていて喉も作ってはるし、パット出じゃなく
     地道な下積みもしてはるから、年代を重ねても出なくなったりしないよexclamation

お助け猫  そうでやんすかぁ〜。 やっぱり若い時に声を作るのは大事でやんすねぇ〜かわいい
      小栗栖さんのちょいと無謀な下積みも、これからもっと生きてくるでやんすねぇグッド(上向き矢印)

小栗栖  頑張らせて頂きやす(笑)

お助け猫  小栗栖さ〜ん。50才を過ぎても声量をキープして下さいよ〜るんるん

小栗栖 まだ40代やしーたらーっ(汗)(笑)


☆文の無謀な下積みの参考は、カテゴリー「 ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう 」の
「 これが♪小栗栖ゆかり♪だぁ〜 」シリーズを参考に(下記URL)
http://ogurisuyukari.seesaa.net/category/14474438-1.html

特に「 これが♪小栗栖ゆかり♪だぁ〜Part2 と Part3 」(下記URL)
http://ogurisuyukari.seesaa.net/article/291360698.html

http://ogurisuyukari.seesaa.net/article/291526314.html
ラベル:下積み
posted by yukari at 13:24| Comment(0) | 音楽談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

音楽談話の裏話

前回、音楽談話で若手アーティストの話題をしたでやんすね。

最近はイベントや何かしらで、人の曲や歌を聞く機会が多くなりましたが、
実は小栗栖、普段はほとんど人の曲るんるんを聞かない人でやんすexclamation

誰もが持ってる ipod のようなものも音楽、持ってないでやんすよ〜たらーっ(汗)
ちまたで流れるメジャーな曲は自然に耳に入りますが、テレビTVもほとんど
見ないでやんす…と、言うより見る暇がないでやんすね。

しかし、好みの曲や声への反応は敏感で耳、流れて来た曲が好みだと
「これは誰が歌ってるの?何て曲?」
って、すぐに反応するんでやんすが、その度にお助け猫は
「えっ〜!この曲を知らないでやんすか?」
って、びっくりする事があるんでやんすあせあせ(飛び散る汗)。 さすが 小栗栖ゆかり でやんす。

そんな小栗栖でやんすから、メディアに流されることが全くない状態で、素直に
今の音楽を聞くことができると、お助け猫は思うでやんすよかわいい
良く小栗栖は、自分が好きな声だったりなど、感動した人には揺れるハート有名無名に関係なく
素直な感動を伝えたくて、声をかけてしまうでやんす。

相手は最初びっくりするんでやんすが、あまりの素直な小栗栖の感情に、いつの間にか
相手も、凄く喜んでくれるんでやんすね。

小栗栖ゆかり の曲るんるんには、その感情の素直さが、現れているでやんすぴかぴか(新しい)

お助け猫(マネージャー)でやんした〜猫
posted by yukari at 20:24| Comment(0) | 音楽談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

若手シンガーソングライター

お助け猫(マネージャー)でやんす。猫
小栗栖ゆかり と音楽の話をするとキリがないでやんす。

小栗栖 「 最近の若手シンガーソングライターは平均レベルが高くなったなぁ。
       でも、何かもったいないような気が… 」

お助け猫 「 そう言えば、そうでやんすねぇ。何かもったいないような… 」

小栗栖 「 昔は、ずば抜けて上手いか下手か、もしくは容姿に関係なく存在感があるかないか
       だったような気がするけど、今はずば抜けてと言うよりは、みんな容姿も良いし、
       歌も上手いし、その上曲も書けるし。 」
 
お助け猫 「 確かに。でも、なぜか一度聞いて、おおーーひらめきと思うような人が
        少なくなったような気が…それだけ、レベルが上がったんでやんすかねぇー 」

小栗栖 「 レベルが上がった分、そこから飛び出るのは大変なんかなぁ。
       それとも音楽業界の求めるものが同じなのかなぁ。 」

って、小栗栖は若手じゃないけれど(笑)、シンガーソングライターるんるんでやんすから
のんきな事は言ってられないでやんすよ〜あせあせ(飛び散る汗)
レベルの上がった若手のいっぱいいる音楽業界で、生き残っていかないといけないでやんすからねぇexclamation

でも、お助け猫は思うでやんす。

小栗栖ゆかりは、どこか型破りでやんすから、特徴はあるでやんすぴかぴか(新しい)exclamation
後は、求める側が型破りなのに、挑戦する勇気があるかどうかでやんすexclamation×2
posted by yukari at 13:19| Comment(0) | 音楽談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする