シンガーソングライター 小栗栖ゆかり のオフィシャルブログ
(みんなで“小栗栖ゆかり”を応援しよう)
小栗栖ゆかり オフィシャルサイトもチェック!

2012年09月09日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part2…byお助け猫

Part2でやんすよ〜猫
小栗栖の人生を語れば本にできるくらい、バラエティに飛んでいやすからねぇ〜全部を語れやしませんよ〜(笑)

小栗栖の最大の強さは、目的を持つと達成過程においての苦労は、全く屁とも思わないところでやんす。
そんなの当たり前と言うでしょうが、その突っ走り方は半端じゃないでやんすよ。

12才でヤカンが沸騰した音を聞いて作曲したのが始まりで、10代の後半からバンドをやってたんですがカラオケ、好きなことをするにはお金がかかると、昼夜問わず働いて腎臓壊して死にそうになったそうでやんす病院
入院するのもお金がいると、病院が止めるのも無視して、食事療法で治しやした。
この一本気な性格に友人も多く、みんなが一斉に協力してくれたようで(泣けるでやんすね〜もうやだ〜(悲しい顔))、この頃から小栗栖の、“人と本気で付き合う”生き様が生まれたんでやんすグッド(上向き矢印)

バンドを始めた頃は、声の幅が狭く歌うことが苦手だったそうで、音大を受験する人が通う声楽家の先生に、飛び込みでレッスンを依頼したそうでやんす。
しかし、あまりの幅の狭さに「耳が悪いのでは?」(耳が悪いなんて〜がく〜(落胆した顔)と落ち込んだそうな)と、一刀両断されやしたが(ようは断られたんでやんすね)「耳は悪くないです!自分でどこの音程を外しているかも分かります!」と食らい付き、先生も小栗栖の根気と必死さに負けたんでやんすねぇ。
原因を探って下さり「発音が悪く、のどが開かないため、一定の音を越えると声がひっしゃげるみたいになるから、気管を押し広げる筋肉をつける発生法を教えてあげます。 それに毎日どこか一つは防音室が空いているから、いつでも使っていいですよ。」と、寛大な言葉を頂いたんでやんす。
本気の小栗栖は一年間毎日通い、1オクターブしか出なかった声が、低い声から高い声までどんどん出るようになったんですわーい(嬉しい顔)
途中一回全く出なくなったそうですが、それでも息だけで毎日発声していたら、急に何倍もの声量になって出たそうで、「あの瞬間は、本当に感動したグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)」って、今でも言ってるでやんす。

何でも、基礎って大事なんでやんすねぇ〜猫

当時の先生、小栗栖は今でも感謝しておりますexclamation ありがとうございましたexclamation×2(当時は旧姓でしたが、こんな人を教えた先生へ)

声を出すのに大変な思いをしやしたから、小栗栖は人にヴォイストレーニングをするのも得意でやんす。
型外れなんですがねぇ〜。小栗栖と一緒に歌うと声が出るんでやんすよ〜不思議です〜るんるん

今日はこの辺にしておきます。 
次回は、ちょっとおもしろいエピソードも交え、語らして頂きやすよ〜猫お助け猫(マネージャー)でした。


posted by yukari at 14:54| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。