シンガーソングライター 小栗栖ゆかり のオフィシャルブログ
(みんなで“小栗栖ゆかり”を応援しよう)
小栗栖ゆかり オフィシャルサイトもチェック!

2012年09月16日

これが“小栗栖ゆかり”だぁ〜Part6…byお助け猫

おおぉ〜 Part6 まできたでやんすかぁ〜exclamation&question猫

Part5では、小栗栖 が “ハングリーな職人的アーティスト” って、言う意味を分かって頂けたと思いやすが、どうでやんしたかぁ? 
心臓にわるいでやんすから(笑)ゆるめに書きましたよ〜。

当時、職人の世界は厳しかったですから、そこで残った人達は 職人魂 が凄かったんでやんすねぇ〜exclamation
勢い良く入って来た男性でも、初日 午前中だけ働いて休憩に入ったら逃走した人もダッシュ(走り出すさま)いたそうですからがく〜(落胆した顔)、小栗栖 の根性は男性以上でやんすねぇ〜(笑)。

そんな、小栗栖 ですから、小栗栖 の を知ると目をかけてもらえることが多く、また それを良いと思わない人もいるでやんす(嫉妬でやんすかねぇ)。
小栗栖 が感謝してやまない人に、自分の責任を小栗栖の責任にして伝えた人がいたんでやんす。
感謝してる人から誤解を受け、嘘を伝えた人も居る前で 小栗栖 はきつい事を言われたんでやんす。
それでも、小栗栖 は誰のせいにもせず、言いつけるような事もせず、しかし 非はないため非は認めず、 「例え嘘でも、あの人が誤解をするのだから、誤解をさせた自分にも非がある。」 と、誤解させたことを誤ったんですexclamationexclamation

小栗栖曰く 「その場に居た張本人が、一番情けないはずや。 本当に賢い人なら何が本当か、それぞれの行動を見てれば いずれわかる。 見抜けなければ、その人の器もそれまでやし。」 もうやだ〜(悲しい顔)
人生の荒波を乗り越えて来た 小栗栖 ですから、そうやって 本当に信頼できる人を見極めてるのかも知れないでやんすねぇ (お助け猫猫の見解でやんすが) 。
いつも小栗栖は、小さいことには こだわらずに、人生を生きているでやんすよわーい(嬉しい顔)

お助け猫としては、こだわって欲しいところもあるんでやんすがねぇ〜(笑)。

そうそう、こだわらないと言えば、小栗栖が20代半ばまで活動をしていたバンドがあるんでやんすが、これが結構 当時は京都で有名なバンドでして、小栗栖はヴォーカルと作詞 作曲も担当していたんです。
しかし、曲はメロディラインるんるんだけでバックは他のメンバーがしていたと言うことで、作曲者に名前を出してなかったんでやんす。 メロディラインるんるんは作曲になるんですけどねぇ〜(笑)。

当時、大阪に住んで居た お助け猫の知り合いも、そのバンドのファンハートたち(複数ハート)でしたが、小栗栖 は作詞だけを担当してると思っていたんでやんすたらーっ(汗)

自分の曲を歌えたら満足な小栗栖は、大事なことにこだわらなかったでやんすねぇあせあせ(飛び散る汗)
ここは、こだわって欲しいところですけど…(笑)。

曲を作って世に出すことの大事さを知った今は、もちろん こだわっていますよ〜わーい(嬉しい顔)exclamation×2

前回、次回は音楽の話をと言いましたが、少しになってしまいやしたねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)
でも、小栗栖ゆかり の人生、生き様が 全て音楽に繋がるんです〜るんるん
お助け猫(マネージャー)でした〜猫


posted by yukari at 14:08| Comment(0) | ♪小栗栖ゆかり♪を知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。